女性の薄毛の原因と対策

女性の薄毛の原因と対策

女性に多い薄毛の特徴

女性に多い薄毛の特徴男性と違い、見た目にデリケートな女性には薄毛は天敵ですよね。私の妻も頭頂部の髪の分け目が薄くなってきていて悩んでいました。外を歩くにも恥ずかしくて帽子をかぶったりしていましたが、実はそれが逆効果だったり…。
女性に特に多い薄毛について、以下に挙げておりますので、ご覧下さい。

  •  瀰漫(びまん)性脱毛症

    40代以降の女性が薄毛で悩む原因で一番多いのがこのびまん性脱毛症です。考えられる原因は、ストレスやダイエット、老化などが挙げられます。頭頂部や前頭部から薄くなる男性とは違い、全体が均一に薄くなるのがこの脱毛症の特徴です。

  •  牽引性(けんいんせい)脱毛症

    ポニーテール髪の長い人に多い脱毛症。ヘアスタイルが主な原因とみられ、ポニーテールなど、長時間過度に髪の毛を引っ張られている状態が続くと、頭皮に負担がかかり、薄毛となります。改善させるには、頭皮に負担のかからないヘアスタイルにするなどする必要があります。また、頭皮マッサージなどで血行を促進するとさらに効果的です。

  •  粃糠(ひこう)性脱毛症

    フケで毛穴がふさがれることにより発症します。過度のシャンプーや、すすぎが不十分な場合、またはカラーリングやパーマ剤の刺激などにより引き起ります。まずは、清潔にすることを心がけましょう。

  •  分娩後脱毛症

    分娩後脱毛症ホルモンバランスの変化により起こります。妊娠中は、お腹の子に栄養を送り続けるため、エストロゲンなどの女性ホルモンが活発に分泌されていますが、産後は一気にそれらが休止期に入るために、脱毛症状がおこります。たいていは半年から1年ほどで自然と回復をしてきますが、まれに高齢出産の場合や、育児疲れなどのストレスにより、治りが遅くなったり、完治しない場合もあるので注意が必要です。

原因と対策

薄毛に悩まされている女性は意外と多い?

薄毛と聞くと、男性の悩みを思い浮かべがちですが、意外と女性にも多いのです。主な原因はホルモンバランスの乱れや血行不良といった、女性特有のものが多く、ダイエットやストレスにより引き起こされるものと考えられています。

  •  ストレス

    ストレスは体に良くないように、髪にももちろんよくありません。ホルモンバランスを崩し、自律神経の乱れも起こすため、髪に与える栄養が不足し、抜け毛の原因となります。

  •  ダイエット

    ダイエット過度なダイエットは栄養の偏りとなり、髪へ供給される栄養が不足となります。また、血行も悪くなり、頭皮の環境も悪くなります。バランス良い食事を心がけ、無理のないダイエットをして、頭皮へのケアも怠らないようにしましょう。

  •  睡眠不足

    髪の毛は、夜寝ている間にダメージを修復、成長します。特に22時~深夜2時が最も活発になるため、その間は睡眠をとるようにしましょう。また、睡眠中は血液循環も盛んにおこなわれるため、髪への栄養の供給の面からしても、髪を綺麗に保つためには睡眠中が最も良いとされます。

女性男性型脱毛症(FAGA)

薄毛に悩む女性加齢によるホルモンバランスの乱れ、飲酒や喫煙過剰なヘアケア剤の使用、など、薄毛の原因となりうるものはそのほかにもあり、最近では女性の社会進出により、ストレスが蓄積され薄毛となることも男性同様にあり、今や薄毛や抜け毛は男性だけの悩みではなくなっきています
また、男性型脱毛症(AGA)は女性にも起こり得ます。女性ホルモンの減少により、発症するもので、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれます。これは、局所的に薄毛となる進行性のAGAとは違い、全体的に薄毛となるのが特徴で、女性ホルモンが減少するものの、分泌はされているため進行し続けるものではありません。イソフラボンなどの含まれる大豆製品を多く摂取する、ストレスをなるべく溜め込まない、など、日頃の生活習慣の見直しをしましょう。

ページトップへ戻る