遺伝で薄毛になる可能性について

遺伝で薄毛になる可能性は?

薄毛の原因は2つの薄毛遺伝子にあった!

薄毛の原因は2つの薄毛遺伝子にあった! このサイトでも抜け毛や薄毛の原因についていろいろとまとめていますが、「薄毛遺伝子」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。薄毛の遺伝については男女とも、両親を見ていて心配になることがあるかもしれません。
父親が若い頃からはげていたと聞いて自分のそうなるのでは、と思う気持ちはよくわかります。私も親がはげているのを見ると、いつか自分もこんなふうになってしまうのか、と思ったことがありました。
ですが、実は薄毛を遺伝させるのは父親よりも母親の遺伝子なのです。2005年に発表された研究結果によると、母親から受け継いだアンドロゲンという男性ホルモンに変異が見られた場合に、それが薄毛遺伝子アンドロゲンレセプターとなっている可能性があるそうです。
ただ、薄毛遺伝子を持っている母親が必ずしも薄毛であるとは限りません。女性は女性ホルモンが薄毛の進行を妨げるため、薄毛になりにくいのです。なので、自分が薄毛遺伝子を持っているかどうかは母親の父、すなわち母方の祖父が薄毛であったかどうかが判断基準となります。
また、両親のどちらかが5αリダクターゼという活性遺伝子を持っていた場合も子どもは薄毛になりやすいです。この遺伝子があるとTGF-βタンパク質が生成され、髪の毛を作る細胞の働きを妨げて脱毛を押し進めてしまいます。
さらにこの2つの薄毛遺伝子は持っているのが片方のみとは限らないので、もしアンドロゲンレセプターと5αリダクターゼ両方の遺伝子があったら、薄毛の進行スピードは非常に速いものになります。

薄毛遺伝子に負けないためにはどうしたらいい?

薄毛遺伝子に負けないためにはどうしたらいい? 薄毛遺伝子を持っているかどうかはAGAの専門機関や病院、またはAGAキット(AGAドック)で調べることができます。
自分で薄毛遺伝子を持っているかどうか知ることは怖いですが、むしろ知っておくべきことです。なぜなら、薄毛遺伝子を持っていると知っていれば、高い意識で他の薄毛要因を排除していくことにつながるはずです。
頭皮や髪へのダメージを抑えられるシャンプー選び、睡眠のゴールデンタイムをしっかりと取ることなど、打てる対策はたくさんあります。薄毛遺伝子を持っているとどうしても小さなきっかけで薄毛進行のスイッチが入ってしまうことが多いので、日頃から心身ともに細かいケアをしていきましょう。
自分でできる限りの正しい薄毛対策をしているのに、それでも症状が進行してきたという場合には専門機関で治療を受けることで改善していくこともできます。原因が遺伝子であっても決して治らないものではないので、豊かな人生を送るためにも諦めずに対策をしてみてください。

ページトップへ戻る