ヘアカラーが抜け毛や薄毛の原因だと言われる理由
コラーゲンが育毛の鍵だった!髪を生やす秘訣と本当に効いた商品とは

本当に生える育毛剤比較HOME > 薄毛・抜け毛の種類とその原因 > ヘアカラーは抜け毛や薄毛の大きな原因になるの?

ヘアカラーは抜け毛や薄毛の大きな原因になるの?

ヘアカラーと抜け毛・薄毛に直接の原因はない?

ヘアカラーと抜け毛・薄毛に直接の原因はない? ヘアカラーをしたい人というのは、男女問わずいるものだと思います。自分に合った色でおしゃれをするのは楽しいものですし、年齢が上がってくれば白髪などが気になるものです。そういった場合、ヘアカラーはとても効果的な解決方法になります。
しかし、ヘアカラーを考えている人の中には抜け毛が心配だという人もいるのではないでしょうか。「ヘアカラーをすると抜け毛が気になるようになる」というネットの口コミも見かけるので、無関係とは思えませんね。
しかしヘアカラーをした人が必ずしもみな薄毛になってしまうというようなことは決してありません。と言うのも、ヘアカラーの薬剤そのものが抜け毛の原因になる訳ではなく、問題はその「使用方法」にあるためです。

ヘアカラーのダメージを最小限に抑える方法

ヘアカラーのダメージを最小限に抑える方法 抜け毛が増える原因となっているのは、主にヘアカラーの薬剤が頭皮に付着することによる頭皮環境の乱れです。もちろん、薬剤を付ける対象となるのは髪なので、髪そのものもダメージは必ず受けています。
ヘアカラーをして髪がダメージを全く受けないということはありません。髪染めは髪のキューティクルを開かせた上で化学反応を起こしてカラーリング剤を染み込ませています。この過程では人工着色料や化学薬品も使用しているので、頭皮や髪をどうしても傷つけてしまうことになるのです。
ですが、カラーリングをして髪が抜けてしまうといった状態は抜け毛や薄毛とは関係がなく、ダメージを受けた髪が切れているだけなので、抜け毛などとは直結していません。抜け毛や薄毛の原因は、上でも書いたように頭皮ダメージによるものです。
こうした問題を防ぐためにはヘアカラーの薬剤を頭皮になるべくつけないようにすることと、頭皮に薬剤を残さないようしっかり洗い流すことが大切です。特に、自分でできるケアとしては後者が大切になります。
方法としては、スカルプシャンプーや育毛シャンプーを使用したり、トリートメントでしっかり髪の補修をする、といったものがあります。また、シャンプーやトリートメントも頭皮に残らないよう洗い流しておくことも忘れてはいけません。こうしたケアを行うだけでも頭皮環境は改善されていくので、継続して行っていくといいでしょう。

ヘアカラーをするなら自宅より美容院へ!

ヘアカラーをするなら自宅より美容院へ! 髪や頭皮にダメージを与えないようにして抜け毛や薄毛を予防するにはヘアカラーをしないことが一番です。
しかし、どうしてもヘアカラーをしたいという場合は市販のヘアカラー剤を自宅で使用するよりも、できる限り美容院でヘアカラーをしてもらった方がダメージを抑えることができます。金額面では市販のものよりかさんでしまいますが、メリットは圧倒的に美容院でのヘアカラーの方が多いです。
市販のヘアカラー剤の場合、誰が行っても均一に効果が出るようにするために強力な薬剤を使用しています。ですが美容院であれば色の種類も多いことに加え、市販のヘアカラー剤よりも弱めの成分でもしっかりとカラーリングしてくれますし、抜け毛や薄毛の対策に欠かせない髪と頭皮のケアまで任せることができます。
抜け毛対策には普段から自宅でこまめに頭皮や髪のケアを続けていくことが必要ですが、ヘアカラーをする場合はさらに注意してダメージの補修を行えるようにしておきましょう。

ページトップへ戻る