育毛剤・養毛剤の成分とその効果
コラーゲンが育毛の鍵だった!髪を生やす秘訣と本当に効いた商品とは

本当に生える育毛剤比較HOME > 育毛剤・養毛剤の正しい選び方 > 育毛剤・養毛剤の成分とその効果

育毛剤・養毛剤の成分とその効果

「育毛剤」「養毛剤」に含まれる有効成分

「育毛剤」「養毛剤」に含まれる有効成分

血行を促進させる成分

血行を改善させ、育毛を促進させる作用があります。明白に解明はされていませんが、薄毛、抜け毛の原因の一つに、血行不良により栄養が十分に供給されないことが考えられますので、日頃から運動が不足しがちな方や、冷え性の方などは効果が期待できるかもしれません。

  •  センブリエキス

  •  トウガラシチンキ

  •  ショウガエキス

  •  ゴマ油

  •  ハッカ油

  •  ショウキョウエキス

  •  スペアミント油

  •  イチョウエキス

細胞を活性化させる成分

薄毛、抜け毛の原因に、毛母細胞の働きが十分でないということも考えられます。その細胞を活性化させることにより、働きを促進させより元気な髪の毛を生やすことが期待されます。

  •  ペンタデカン酸グリセリド

  •  白薬子エキス

  •  ビチオン

  •  ミノキシジル

  •  パントテン酸カルシウム

  •  t-フラバノン

栄養を補給させる成分

細胞自体を活性化させるのではなく、頭皮に直接栄養を与え、栄養を補給することにより細胞を活発化させる方法もあります。また、頭皮環境においてコラーゲンも必要なものです。そのためにはビタミンCも合わせて補給してあげるとより効果は期待できるでしょう。

  •  ビタミンA

  •  ビタミンB2

  •  ビタミンB6

  •  CTP

  •  ポリリン酸

  •  ケラチン

  •  ヨウ化ニンニクエキス

男性ホルモンを抑制させる成分

男性ホルモンの増加により、薄毛を増長させてしまうこともあります。男性ホルモンの増加が原因である、M字型やO型の薄毛だと分かった際にはこちらを使用するとよいでしょう。しかし、含まれる成分によっては、副作用や危険等も考えられるため、注意が必要です。

  •  フィナステリド

  •  エチニルエストラジオール

  •  フラボステロン

  •  エストラジオール

  •  ノコギリヤシ

  •  キナエキス

  •  オオバナサルスベリエキス

  •  オウゴンエキス

もともとの目的に注目

ミノキシジル

もともと心臓病の患者への薬として開発されたミノキシジル。その作用としては血管拡張作用があります。血管を拡張するわけですから、心臓や血管に負担が掛かり、低血圧の症状が出てしまう場合もあります。また、皮膚の成長が促進され、皮脂分泌が盛んに起こり、肌荒れやニキビなどを誘発してしまいます。最も多く報告されている副作用としては、痒み、フケ等です。さらに、必要以上に毛が濃くなってしまうということもあるそうです。
ちなみに、私はミノキシジル配合の育毛剤を使用し、大量のフケに悩まされ、使用を中止した経験があります。症状には個人差があるかとは思いますが、まずは一度試してみるのが良いでしょう。

男性ホルモンを抑制させる成分にはご注意!?

フィナステリド

フィナステリドの副作用お医者様に通った際に処方される代表的な医薬品です。主な副作用は性欲減退。さらに注意が必要な影響は、この薬を触れることにより起こる経皮吸収です。特に女性がこれを触れることにより、皮膚の中に入ることで、妊娠中にフィナステリドが悪影響を及ぼし、胎児(男児)の生殖器が奇形異常となる可能性もあるのです。妻が妊娠中の方ですとか、妊活中の方には注意が必要です。よって、女性の育毛剤としては効果はないものとされ、服用を認められておりません。

ページトップへ戻る