育毛剤・養毛剤の正しい選び方
コラーゲンが育毛の鍵だった!髪を生やす秘訣と本当に効いた商品とは

本当に生える育毛剤比較HOME > 育毛剤・養毛剤の正しい選び方

育毛剤・養毛剤の正しい選び方

育毛剤・養毛剤の種類を知ろう

「育毛剤」「養毛剤」「発毛剤」の違い

「育毛剤」「養毛剤」「発毛剤」の違いまずは、一般的に呼ばれる「育毛剤」「養毛剤」「発毛剤」の違いについてご説明いたします。

  •  育毛剤

    髪の毛の成長を促すためのものです。細くなった髪の毛を太く強くする目的があり、「髪の毛を育てる」というイメージを持つとよいでしょう。

  •  養毛剤

    抜け毛をしにくくし、髪を美しく保護するためのものです。栄養成分や保湿成分が含まれ、抜け毛や皮脂、フケを抑え、清潔に保つ作用があります。

  •  発毛剤

    「髪の毛を生やす」分野に特化したものです。毛母細胞を活性化させる作用などが期待でき、その多くは薬事法で「医薬品」に指定される場合が多いのが特徴です。

さまざまな種類のある「育毛剤」「養毛剤」

一概に育毛剤・養毛剤といっても、様々な種類があることを知っておきましょう。代表的な4つのタイプの育毛剤・養毛剤をご紹介いたします。

  •  血行を改善するタイプ
    血行を促進する効果のある「センブリエキス」などが含まれています。特に以下のような方にはおすすめの育毛剤・養毛剤です。
    •  頭皮を触ってみてかたいと感じる人
    •  日常的にストレスを感じている人
    •  脂っこい食事が好みな人
    •  運動不足で血行不良だと感じる人
  •  細胞への栄養補給をするタイプ

    毛母細胞を活性化させるための栄養を供給してくれるものです。毛の成長が遅れてる…?と感じたら使用してみるとよいかもしれません。また、栄養供給のために良いとされる「ノコギリヤシ」、「亜鉛」などが含まれているものが良いでしょう。

  •  頭皮保湿タイプ

    頭皮が乾燥するとフケや痒みの原因となります。また、フケが毛穴をふさぎ健康な髪の毛が生えにくい状態となってしまいます。放置すれば、脂漏性脱毛症(皮膚炎を起こし脱毛症になってしまう症状)にもなってしまいかねません。

  •  男性ホルモン抑制タイプ

    男性ホルモンの影響である、M字型やO型の薄毛だと分かった際にはこちらを使用するとよいでしょう。しかし、「薬」と分類されるものが多く、長期間使用することで効果が期待できるものなので、副作用なども出てくることも念頭に入れておきましょう。
    ホルモン対策系医薬品の注意点は以下をご覧ください。
    → 育毛剤・養毛剤の成分とその効果

自分にあった育毛剤・養毛剤とは?

髪の毛それでは、ここからは、自分に合った育毛剤・養毛剤を見つけるためのポイントをご紹介いたします。

  •  自分の症状を知り、それに合った商品を見つける

    上記の様に、育毛剤・養毛剤には様々な種類があります。それにより成分や効果は違いますので、まずは自分の薄毛や抜け毛の原因が何かを考え、また、症状を知り、それに合った育毛剤・養毛剤を選ぶのがポイントです。

  •  口コミや評判で安全性を確認

    育毛剤・養毛剤によっては、副作用やアレルギーなどの心配もあり場合があります。インターネットや知人からの紹介で内容成分や口コミ、評判などを知るようにしましょう。

  •  内容量や価格の比較

    育毛のためには、育毛剤・養毛剤を最低でも3ヶ月、など長期間使用するものが多いです。長く使用するためにはやはり価格や内容量も大きなポイント。高価なものほど長期間使用すると多大な金額となってしまい、せっかく効果が出てきたのに辞めざるを得なくなる…などというのはもったいないばかりです。最初に調査をしっかりとし、長く付き合えるものを選びましょう。

  •  実際に使ってみる

    自分の症状から分析し、口コミや評判、価格などの確認をして、一番試したいものが見つかったら、実際に使用してみると良いでしょう。最近では定期コースの申し込みなどでさらにお得に手に入ったり、特典付きのものもありますので、育毛剤・養毛剤を使用し始めるのにはとても良いといえるでしょう。

ページトップへ戻る